三栄建築設計は一般の住宅設計が可能で気軽に相談できる

早く経済的再生を果たす

電卓と家

住宅ローンを滞納すると

マイホームを購入する際に住宅ローンを組む人がたくさんいますが、返済期間中に住宅ローンの支払いが難しくなってしまう人が少なくありません。今は史上まれに見るほどの低金利になっていますので、新たに住宅ローンを組む人はかなり有利です。しかし、長引く不況の影響で、給料が思うように上がっていかなかったり突然失業してしまったりするケースが少なくありません。理由の如何にかかわらず、予定通りに住宅ローンを返済し続けていくことができない場合は、最終的に自宅が競売にかけられることになります。従来であれば、大切なマイホームが競売にかけられる様を、債務者は指を咥えて見ているよりほか仕方ありませんでした。しかし、近年になり、そのような物件を通常の取引ルートにのせて売却する任意売却専門業者が登場してくるようになりました。東京には数多くの任意売却専門業者が存在していますが、競売よりもはるかに高い値段で家を処分することができるため、多くの東京都民に利用されています。

業者が助けてくれます

ある程度の期間に渡り住宅ローンを滞納していると、金融機関によって自宅が差し押さえられます。自宅を差し押さえられるのと同時に退去を迫られるわけではありませんが、差し押さえ後は自宅を自由に処分することができなくなります。そのような時に頼りにすることができるのが、任意売却専門業者です。先程も言ったように東京には任意売却専門業者がたくさんいますが、東京は不動産取引が盛んに行われている場所であるため、どの業者も豊富な取引実績を有しています。取引実績を積み重ねていく過程で、任意売却を成功させるための特別な取引ノウハウや交渉術を培ってきていますので、崖っぷちに立たされている債務者の心強い味方になってくれます。競売ではなく任意売却という形でマイホームを処分することができれば、債務者は早く経済的再生を果たせるようになります。