三栄建築設計は一般の住宅設計が可能で気軽に相談できる

人気沿線の住宅事情

家

東日本大震災以降、東武東上線沿線は注目されることになります。その理由は地盤の固さです。千葉での液状化などが話題になりましたが、割と被害が少なかったのが東武東上線沿線です。そして物価が安いエリアということで、不動産相場も安く放置されていたことに注目が集まったわけです。実はその数年前から、東武東上線沿線では大規模なマンション建設が進むことで話題になっていました。物件によっては即日完売となりましたが、これも価格が割と安かったからです。けれども震災への懸念から場所探しが行われるようになり、改めてこのエリアの良さを再確認されたというわけです。再開発の余地がある場所が多く残っていることも、注目される理由のひとつとなります。新しい物件をお探しの方は、東武東上線沿線も選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

東武東上線は池袋直通であることや、埼京線への乗り換えもできることで通勤に非常に便利な路線です。特に成増や和光市、志木あたりは急行も止まるので人気の高いエリアです。和光市で有楽町線とも乗り入れていることから、不動産相場も上昇しています。それに対して、まだ不動産価格の安いみずほ台は大型スーパーなどが多く、生活の便が良いことから人気の高いエリアとなります。有楽町線に副都心線が乗り入れることにより、一部地域では不動産相場は急騰しています。これまで朝霞は池袋まですぐに出ることができる穴場でしたが、副都心線開業に伴って不動産相場はかなり高くなっています。都心部の相場がさらに上昇することを受けて、東武東上線沿線もさらに高騰することが予測されます。